LiLiの最新公開映画レビュー

e-Radio FM南青山で毎週金曜日夜7時から放送中の「LiLiのspecialフライデーナイト」のコーナーである「LiLiレポムービー」で紹介しました最新映画のレビューをお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2009年8月21日紹介「ぼくとママの黄色い自転車」

8月21日の「LiLiレポムービー」では「ぼくとママの黄色い自転車」を紹介しました。


今回観て来た『ぼくとママの黄色い自転車』、放送中にも言いましたが、大号泣間違いなしなんでぜひタオルを持参して観て下さい!
ハンカチじゃなくてタオルです!!
(笑)

この映画は個人的に大人に観てもらいたい作品です。
人間、生きていればどうしても嘘をつかなければいけない場面て、きっとあると思うんです。
でも同じ嘘でも、自分のためか相手のためかで全然違うものになる。
素直になる大切さ、現実を受け入れる強さ、相手を信じる心を、この映画から教わりました。
もうあれこれとレポートは不要です、ぜひ劇場で観て下さい!!
ってこのレポートページ全否定になっちゃった(爆)


Yukko


泣きます。

しかも、かなり泣きます。

もともとは、『僕の行く道』という新堂冬樹さんのベストセラー作品。


涙でページがめくれなくなるほどの物語の待望の映画化


息子を愛するが故の1つの嘘。


その嘘が、こんなにも暖かい嘘だなんて。


大志君の好奇心と勇気とやさしさは大人になったら逆に持てない物かもって思いました。


大志くんも凄いですが、アン(犬)も名演技犬。

なんと日本アカデミー賞協会特別賞、日本映画ペンクラブ賞功労賞を受賞したドックトレーナーの第一人者の宮忠臣さんがトレーニングした犬。

最近の映画だと
『マリと子犬の物語』

『犬と私の10の約束』


などの大ヒット作に出演した犬も宮さんがトレーニングした犬だったんです。凄いですよね。

犬たちとの出会いと別れを綴ったフォト・エッセイ「いつもとなりに犬がいた」を出しているそうなので、是非興味のある方は、ご覧になってみてください。


Gori


「ぼくとママの黄色い自転車」
http://www.bokumama.jp/
「LiLiのスペシャルフライデーナイト」で紹介。
毎週金曜日更新!
↓番組のページは↓
http://fm-minamiaoyama.com/
スポンサーサイト
  1. 2009/08/26(水) 00:56:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

2009年8月14日紹介「キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語」

8月14日の「LiLiレポムービー」では「キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語」を紹介しました。


ブルースからロックンロールが生まれた物語。私たちの時代には、すでに、ロックンロールというジャンルが当たり前のようにあるのに、当時はまだそのロックンロールのルーツが出来始めている頃。音楽のルーツをたどれるこの映画は私たちのような、ミュージシャンを始め、たくさんの音楽好きの方々に楽しんでいただける映画になっていると思います。



そして、この映画の主要人物である、

●レナード・チェス(この映画のチェスレコードという、レコード会社を作った人物)

●マディー・ウォーターズ(チェスのさそいにより、チェスレコードから数々のレコードを出しヒットを飛ばした人物。伝説的なブルースマン)

●エタ・ジェイムズ(今をときめく世界の歌姫ビヨンセが演じる、R&B界の大御所。今も健在の人物)



この3人の他にもGoriがすごいなって思った方がいます。彼女はアーティストではなく、アーティストを影で支えた人物。マディー・ウォーターズの妻である、ジェニーヴァ・ウェイドさん。彼女はマディー・ウォーターズの才能を理解して、彼が有名になる前からずっと応援して、支え続けました。彼が女性問題で彼女を裏切っていることを知っても、彼女は彼を愛し続けた。その強い姿勢と愛情の深さに、女の強さと深さを感じました。そんな強い女性に憧れます。



当時のライブシーンや、クラブの様子、社会の様子が映像と音楽で見事によみがえっています。私はその時代に生きてはいなかったけれど、この時代の人々の苦労や、生活の在り方を垣間見ることができました。



そして、今のレコーディングでは使わない機材や、レコーディングの仕方にも注目です。Aメロだけやり直したくても当時はパソコンでの作業ではないので、何度もやり直さなくてはいけないというレコーディングの仕方。でも、その方が今のように、切り貼りできる音とは違う、生の空気感を感じれてとても良いと感じました。



ビヨンセの感動的な歌声にも圧巻のキャデラック・レコード。是非劇場に足を運んでください。


Gori


「キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語」
http://www.sonypictures.jp/movies/cadillacrecords/
「LiLiのスペシャルフライデーナイト」で紹介。
毎週金曜日更新!
↓番組のページは↓
http://fm-minamiaoyama.com/
  1. 2009/08/16(日) 00:29:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年8月7日紹介「南極料理人」

8月7日の「LiLiレポムービー」では「南極料理人」を紹介しました。

 今回Yukkoが観てきたのは『南極料理人』。
見終わった直後、率直な感想は「最初からもう一度観たい」です(笑)
もうYukkoの笑いのツボどストライクな映画です!
終止クスクス笑ってましたね。
というか最初のシーンから爆笑です(笑)
それっっ?!
みたいな(笑)

本当に「間」が絶妙なんです◎
一人一人の個性がよく出ていて、でも誰かがずば抜けるわけではなく、上手く混ざり合っててこの映画に出てくるお料理みたいなのです。
一年半に渡る南極での共同生活の中で、アクション映画や恋愛映画のように何か大きな事件が起きるわけでもないのに生まれてくる絆の描き方に魅せられました。
個人的に主人公演じた堺さんが好きだったのですが、この映画に関してはきたろうさんがツボでした(爆)
本当に面白いです!
突っ込み所も満載です!
そして本編が終わったからといって席を立たないで下さい。
エンドロールを必ず観て下さい!
素敵です(笑)
一人でクスクス笑うのも良し、家族で南極での生活について自由研究するも良し、恋人とお互いの大切さを確認するのも良し、友達と突っ込み合うのも良し、笑って泣けて、寒くも温かい映画をこの夏大切な人と観てみて下さい!
Yukkoかなりのイチ押しです!


Yukko

「南極料理人」
http://nankyoku-ryori.com/
「LiLiのスペシャルフライデーナイト」で紹介。
毎週金曜日更新!
↓番組のページは↓
http://fm-minamiaoyama.com/
  1. 2009/08/07(金) 01:00:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年7月31日紹介「ボルト」

7月31日の「LiLiレポムービー」では「ボルト」を紹介しました。


 テレビの世界を現実だと思い、スーパードッグだと思いこんでいるボルト。
愛するるペニーを救うために旅に出るが、現実の世界とのギャップを目の当たりにしてしまう

初めは、ペニーを守りたい一心で旅に出るボルトですが、その途中で出会う仲間に、現実を気づかされ戸惑うボルトですが、この旅を通して成長していく姿を見ているとなんだか暖かい気持ちになります!!

ペニーとの愛情、仲間達との友情がたくさん詰まった可愛らしい映画です!

是非この夏休みに見に行ってみて下さい!


Emi

「ボルト」
http://www.disney.co.jp/movies/bolt/
「LiLiのスペシャルフライデーナイト」で紹介。
毎週金曜日更新!
↓番組のページは↓
http://fm-minamiaoyama.com/
  1. 2009/08/02(日) 10:15:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。